samadhiartlive

samadhiartlive brog

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 熱い夏の想い | TOP | ノリにノル海  >>

2013.09.19 Thursday

Blue Moon

JUGEMテーマ:秋の気配

今日は仲秋の名月  満月
最近 月の出始め Blue Moonがかおをだす


           Blue Moon       

   Blue Moonいろんなことがあったよね
   Blue Moon心の奥で蒼く光る
   そう 悪い事ばかりじゃないし
   夜通しあなたの命とむきあう今
   すべてがこれでいいと思う

    大きな流れの中
    不器用に見えたけれど
    野に咲く小さな花をみているあなた

                                    詩 曲 Momo由子

                                                    




2011年夏 私らは信州から大阪をめざし、また青春18切符を使い、
電車の旅。私は長年使って破れて来ているミリタリーのリュックに刺繍をほどこしながら、
小さな旅の道連れとともに、景色のかわるのを楽しんだ。関ヶ原で、東と西の境がいつもよりも感慨深かった。東日本を出たと感じた。震災があり、放射能で子供がいる親たちはどんなに心配したか。自然に近いことほどやめさせなくてはならぬつらさはひどい。今までのよしがだめに変わるのだ。混乱してくる。大好きな故郷や住んでいるとこが安心していられないなんて。関ヶ原でいろんな想いが沸き上がり、東日本をでたとちょっとほっとした。
 そうしてギターとスケッチブックと持ってこれまた大好きな大阪に着いた。
大阪は面白い。忍者がいっぱいいる。見た目ではわからないけど、マニアックなことをよくしっているし、オリジナリティがある。パワーがある。
大阪の下町寺田町 長〜い長〜い商店街のはずれのお好み焼きや”どかどか”ー私がのれんを描いたとこーで弾き語りライブと大きなスケッチブックに描いた絵本”ある芸術家の母からこどもたちへ”の読み聞かせをやった。
こどもたちも親も生卵を10個くらいその場で飲んでみせてくれたおっちゃんもいろんな人
がいた。阪神と吉本。笑い。大阪のおばちゃんもすごい。



わらい

それはきれいなばらいろで、
けしつぶよりかちいさくて
こぼれて土に落ちたとき、
ぱっと花火がはじけるように
おおきな花がひらくのよ
もしのなみだがこぼれるように、
こんなわらいがこぼれたら
どんなにどんなに、
きれいでしょう。

       金子みすず



                         2011, Osaka  Yuko Umehara

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://brogs.samadhiartlive.com/trackback/124

トラックバック

▲top